1. HOME
  2. ブログ
  3. NLPとボルスタッド先生 

NLPとボルスタッド先生 

飯島哲也です。 

私がNLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)という心理学に出会ったのは2008年のことでした。

佐取さん(現Affinity英語学院・副学院長の佐取永基さん)の勧めで、彼のお師匠さんでもあった宮本久男先生のNLPプラクティショナー講座(ヒューマンアカデミー横浜校)へ通ったのです。

私はその後NLPとは距離をおいていたのですが、またまた佐取さんの勧めで(笑)2014年にNLP共同創始者のリチャードバンドラー先生によるトレーナーコース(フロリダ州オーランド)へ参加して「米国NLP(TM)協会認定 NLPトレーナー」という資格をいただきました。

以前にも書きましたが、佐取さんは私に「有益なる余計なお世話(?)」をしてくれ続けている貴重な友人です。 

さて、私はNLPトレーナーとしての活動はあまりしていないのですが、NLPと出会ったおかげで英語講師としての「芸」や「技」が確実に増えました。

NLPは本当に実践的な心理学で、学んだスキルを日常生活や仕事にすぐに活かすことができます。そして、私の場合はその実践の場が「英語教育」及び「テスト対策指導」でした。受講生の目標設定の方法論、日々の学習項目の管理方法、モチベーションの上げ方、テスト会場で緊張をほぐす方法、聴き手の心をうつ英会話のコツ等々、多くのことをNLPから学びました。 

トレーナー資格取得後も色々な方々のクラスを受講してきたのですが、2017年に複数の友人の勧めでリチャード・ボルスタッド先生(Dr. Richard Bolstad)の講座を受講したことが私にとって大きな財産となっています。

 

http://www.nlposaka.com/(トップページに飯島の写真も載っています。笑) 

 

ボルスタッド先生は「この世界を良くしたいという情熱にあふれた人」です。1990年代に起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結の後、ボルスタッド先生は赤十字の職員に招かれて1998年と1999年に「トラウマ回復のための講座」を実施されました。受講者は精神科医、看護師、その他援助職の人々で、2回の訪問で受講者数は約60人に及びました。そして、これらの専門職の人々は講座受講後PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ市民達を助けたのです。


また、2011
2月にボルスタッド先生の母国、ニュージーランドのクライストチャーチで地震が起こり、185人(日本人28人を含む)が亡くなられました。ボルスタッド先生は現地に行く人たちのために講習を行い、NLPの教え子たちにも声をかけ、そしてご自身もクライストチャーチへ赴き、PTSDに苦しむ人たちの手助けをしました。そして、このとき作られたマニュアルは20113月に日本で東日本大震災が起こった際に有志の手によって翻訳され、現地に向かったNLP関係者の役に立ったのです。

素晴らしい実績と実力をお持ちなのに全く驕ることなく、謙虚で親しみやすい姿勢を貫かれているボルスタッド先生。科学者としての顔も持ち、リサーチ結果を大切にしながらNLPを合理的に指導されるボルスタッド先生。日本文化に造詣が深いボルスタッド先生。…きりがなくなってきたので(苦笑)このあたりでやめておきますね。とにかく私はボルスタッド先生は本当に素晴らしいNLPトレーナーだと思っています。NLP業界の良心だと言っても過言ではないでしょう。

2017年度までボルスタッド先生の招致に携わってこられた足立桃子さんに打診を受けて、今までの足立さんのお仕事を私が少しずつ引き継いでいくことになりました。2019年8月にボルスタッド先生の講座を「ことのは心理研究所」が主催します。詳しくはこちらのページをご覧ください。

3人で記念写真をパチリ(左から飯島、ボルスタッド先生、足立桃子さん)

関連記事