1. HOME
  2. ブログ
  3. 「ストローカー」!?

「ストローカー」!?

 刀根健です。

「ストーカー」ではありません。(笑)
ストロークをする人のことです。
 僕が勝手に創った造語です。

ストロークとは英語でStrokeと書きます。
 意味は「打つ・一撃・往復運動」
もうひとつ、「なでる・さする・愛撫する」という意味もあります。

 TA(Transactional Analysis/交流分析)で使うストロークの意味は後者の「なでる・さする・愛撫する」に近く、

 「ストロークとは<存在認知>の1単位である。
相手(あるいは自分)の存在を“認めている”ということを伝える、何らかの行為」

と定義しています。

つまり、「認めているよ!」ということを伝える

全ての言葉や行動を指すと考えていただければいいと思います。

 自分にも周囲にも「ストローク」を与える人になりましょう!
というお誘いです。

ストロークをする人ってこんな人です。(以下、僕の研修資料からの抜粋ですが・・)

・その人は会うと、いつもニコッと微笑んで、真っ直ぐに目を見て挨拶してく  れる。

・普段から私のことを気にかけてくれ、よく声をかけてくれる。

・その人は「それはすごいね!」とか「素晴らしい!」とか本気で褒めてくれ る。

・わたしが自信をなくしているとき、「大丈夫、きっと出来る」とか「今まで  の自分の努力を信じよう」

・「僕は君の事を信じているよ」と暖かい声をかけ、支えてくれる。

・わたしが困っているとき「どうしたの?大丈夫?」と気にかけて声を掛けて くれ、親身になって話を聴いてくれる。

・わたしが間違ったことをしてしまったとき、

  「君が能力があることは分かっ  ている。
  でもね、今回はここのところはやり方が違うと思うんだけど、どう思う?」

と受け取りやすい言葉で間違いを指摘してくれる。

・わたしが一生懸命していることを、立場を越えて応援してくれる。

どうでしょう?
こういう人、あなたの身近にいるでしょう?
その人と一緒にいると何を感じますか?

     自信・安心感・信頼感・幸福感

そうです! ストロークが生み出すものはまさにそれなのです。

ストロークとは良い人間関係を創り上げていくエネルギーなのです。
もっと一緒にいたい、もっと話をしたい、話を聴きたい・・・。
さらに、自信がつく、やる気になる、そういう気持ちにさせるエネルギーなのです。

ストロークをすることで、自分も周囲もこころが豊かになり、満たされた人が増えてきます。
 満たされたこころは平和を生み出します。


ネイティブ・アメリカンの言葉で、

 「ひとびとのこころに真の平和が宿るまで、国と国との間に平和はやってこない。」

というものがあります。

ストローカーが増えていくことで、争いのない世の中が来るかもしれません。

まずは、自分自身にストローク!

 自分を認め、自分を褒め、自分を励ます・・。

 日々、実践していきましょう!!

関連記事